top of page
  • blancheblanche

【産前産後のアロマ】会陰マッサージ

富士吉田市のアロマテラピースクール&サロン Blanche です。



今回は妊婦なら気になる方も多い【会陰マッサージ】についてです。



出産後の痛みのひとつに、会陰裂傷や会陰切開があります。


出産時は裂けるよりも分娩時の痛みが勝るため、裂けたことに気が付くことはありません。


「裂けるより切った方がいい」とか、「切るより裂けた方がいい」というのは医師の中でも意見が分かれたり、ケースバイケースである場合がほとんどです。


一番いいのは「裂けることなく、切開もせずに分娩できること」です。


そのために会陰を柔らかくしておこうと思う方がいらっしゃいます。


元同僚助産師さん曰く、「会陰が裂けないように介助するのが助産師の腕の見せ所ではあるけど、裂けるときは何しても裂ける」んだそう。


赤ちゃんが産まれる時に10㎝程度に広がるわけですが、特に初産婦は経産婦と違い、一度も広がった経験がないので会陰が硬く、広がりにくいです。


ネットで調べると会陰を直接マッサージしたりする方法が紹介されているものも多いですが、もっと効果的な方法があります。


妊娠中から出産までに自分でできることをまとめますね。


会陰は筋肉です。この筋肉が硬ければ硬いほど、分厚ければ分厚いほど裂けやすいと言えます。


ひとことでいってしまえば、皮膚や筋肉を柔らかくしておきたいということです。


「じゃあ、ストレッチすればいいの?」と思われるかもしれませんが、この場合伸ばしたい筋肉は骨盤周りの筋肉です。その筋肉にアプローチできなければ会陰に対しての効果はありません。


腰回りや、足の付け根、おしりの皮膚をかるくつまんでみてください。

あなたの皮膚は柔らかいですか?それとも硬いですか?

良く伸びますか?それとも伸びませんか?

つまんだところは痛いですか?痛くないですか?


硬い、伸びない、痛みを感じるようでしたら、筋肉も皮膚も硬い状態です。


そしてこの場合、皮膚の真皮の血行が悪い状態でもあります。皮膚が伸びないということはキツめのボディースーツを着ているのと同じような状態です。

そのため、筋肉の方も動きも悪くなり、血流が悪くなります。悪循環です。


しかし、皮膚だけを伸ばす方法は限られてきます。

ストレッチやマッサージで筋肉ごと伸ばすか、あるいは太ることです。


しかし、出産を控えるママが体重コントロールで太りすぎてしまうと、その脂肪が膣回りについてしまい、余計に伸びなくなってしまいます。

会陰どころか膣壁裂傷や肛門まで裂けてしまうような裂傷を起こす可能性もでてくるため避けたいところです。


となるとストレッチやマッサージとなりますね。


会陰を柔らかくするためのアロマブレンドもBlanche教室内でご案内できます。


会陰を柔らかくするためのアプローチ法もBlancheでお伝えします。


気になる方はご連絡お待ちしております。



分娩時はお尻に力を入れないように下腹部にだけいきむようにするとか(肛門に力がかかりすぎると痔になる可能性があります。力を入れたい場所が絶妙に違うのです。)

助産師の声をきくことができるようにリラックスするなんてことも重要になります。

助産師さんは会陰が裂けないように誘導してくれていますからね。


これから出産を控えているという方はがんばってください。




【次回】産後のママへ



 

Blancheのアロマ・アドバイザーコースは、看護師が教えるアロマテラピーです。

コースを受講されない方にもアロマクラフトとその使用方法などアドバイスさせていただいております。


お気軽にお問い合わせください。



 

家庭のケアにアロマテラピーをとりいれてみませんか



LINEからのお問い合わせはこちらから

ID:@072hgmeh 








富士吉田市 ナード・アロマテラピー協会 アロマ・アドバイザー認定校 Blanche

HP:https://www.blanche-aroma.com

  TEL:0555-25-7623



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page