top of page
  • blancheblanche

【産前産後のアロマ】妊娠出産を控えた全ての方へ

富士吉田市のアロマテラピークスール&サロン Blanche です。


今回は、私が産後の方のケアに携わる中で感じた、ママに気を付けてほしいことについてお話します。


冷えのぼせ


夏に出産された方に特に多かったこの冷えのぼせ。


身体はとても冷たいのにご自身は暑いと感じていて、汗もでている症状があります。


冷房の効いた部屋で過ごすことが多かったり、暑いからといってアイスを毎日食べているような生活することにうよって、自律神経が乱れて引き起こされます。


そして、身体が冷えると胎児は逆子になるリスクが高まりますので、帝王切開で出産された方に多かった症状でもあります。


症状に心当たりのある方は、夏冬関係なく暖かい食べ物や飲み物を摂取するようにし、内臓を冷やさないようにしてください。


そして、首の付け根を温めてください。とても気持ちいいですよ。


レッグウォーマーで足首を温めるようにしてくださいね。



筋力不足


山梨県は車社会ですので、どんなに近い場所でもついつい車移動になりがちです。


筋力不足については正直、妊娠してからどうにかしようとしたのでは遅すぎる部分ではあります。


幼少時代や学生時代に運動部で活動されていた方でさえ、妊娠出産適齢期には筋肉どこ行った?状態になることも。


妊娠すると出産を控えた身体はどんどん骨盤周りがゆるゆるになっていきます。

車の免許を取得してから歩く機会が激減する方が多いので、足腰の筋力は減っていく一方。

そうなると、妊娠によって必要以上に骨盤周りがぐらぐらになってしまいます。


学生時代にあまり運動されていなかった方はもっと意識して筋肉をつけるようにしてください。


妊娠時だけでなく、出産後は体力勝負です。


少しでも予備力をつけておくことは将来のご自身の助けになりますよ。


23歳で出産した、体育大学出身のAさんのお腹はとってもきれいなまん丸な状態でした。

妊娠線もうっすらできたかな、くらいでほとんどわかりません。


一方、20歳で運動をあまりされて来なかったというBさん。

三角にとがったようなお腹。

お腹には大きな妊娠線。

Bさんは胎児の重さに耐えられるだけの腹筋がなく、腹直筋と呼ばれる腹筋の真ん中の筋肉が伸びて(腹直筋離開)しまい、妊娠線もかなり深く多く残ってしまったのです。


クリームで皮膚を滑らかにすることで妊娠線を予防するのも大切ですが、それでも妊娠線がくっきりはっきりできてしまったという場合は、この腹直筋離開と呼ばれる状態になっていることが多いです。



他にも肩こりや腰痛や、姿勢の崩れ、全体のバランスなどいろいろありますが、これらも全て筋力が関係しています。


妊娠出産に関わらず「美しい姿勢で筋力を維持している方」にはなかなかお会いすることができません。


スマホや事故の後遺症によるストレートネック

長時間の同一姿勢による左右差

腹筋背筋の筋力不足による反り腰や猫背



妊娠出産はその時だけの問題ではなく、あなた自身がが産まれたその時からこれまでのあなたの行動が全て影響するということを知っていただきたいです。



アロマテラピーどこですか?って感じもしますね(笑)


アロマテラピーでサポートできることを挙げてみますね。


・乱れた自律神経を整える

・硬くなりすぎたり痛みのある筋肉を柔らかくし、痛みを緩和する

・スポーツ前後のケア

・睡眠の質の改善

・リラックスタイムに

・ダイエット時のサポートや脂肪燃焼の補助など


アロマテラピーは妊娠出産に関わらず、全ての人にサポートとなりえます。



アロマを使ってみたいけど何をどのように使っていいのかわからないという方はぜひご相談ください。





 

家庭のケアにアロマテラピーをとりいれてみませんか



LINEからのお問い合わせはこちらから

ID:@072hgmeh 








富士吉田市 ナード・アロマテラピー協会 アロマ・アドバイザー認定校 Blanche

HP:https://www.blanche-aroma.com

  TEL:0555-25-7623




閲覧数:0回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page